会話が広がります

名刺

思い出してもらえます

名刺は自分を売り込む心強いツールです。上手に活用することで自分の印象を相手に強く残すことができます。当たり前の名刺ではなかなか相手に顔や存在を覚えてもらえません。まずは視覚的に印象の与える校正にしましょう。顔写真や似顔絵が入っていると、後で振り返ったときにすぐに顔を思い出してもらえます。文字ばかりの名刺では印象が半減します。企業のイメージキャラクターや社章など、画像化できるものは取り込みましょう。最近では取引先が日本だけとは限りません。英語表記はグローバル化している現状なら必須です。また、名刺は表面だけ利用して裏が白紙だったりしていませんか。裏面にさまざまな情報を載せ、有効活用しましょう。仕事で使用する以外でもサークル内や友人同士など、さまざまな場面で名刺交換することがあります。そんなとき話題になるのが趣味、資格の記載です。初対面の人と話題を広げやすくするためには趣味の話から入るのもひとつです。肩書きも大切ですが、サークルに入っていたり、変わった資格を持っているなら記載してみましょう。名刺は紙質や色合いでも差別化できます。一般的に使用されている名刺サイズの用紙が華やかな色合いだったりすると、独特のセンスに惹かれてしまうことがあります。このように文字だけでなく写真や画像の取り込み、裏面の有効活用、色合いや紙質の差別化から自分を上手に売り込んでみましょう。印刷業者ではさまざまな提案を上手に印刷してくれるので一度相談してみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 手頃な価格でフライヤー印刷を頼もう|サービスを事前にチェック All Rights Reserved.